スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)

 路面電車が「走るビアホール」となる愛知県豊橋市の夏の風物詩「納涼ビール電車」の試乗会が14日夕行われた。正式運行は18日から9月10日まで。

 豊橋鉄道が始めて18年目。生ビール飲み放題、カラオケ、おつまみの弁当付きで1人3000円。豊橋駅前−運動公園前間(9・4キロ)を1時間20分かけて往復する。予約制で1日2便が運行される。

 試乗会の乗客は約30人。ちょうちんや風鈴が夏を演出する車内で、電車が走り始めるのを待ちかねたように「カンパーイ!」。日本がカメルーンとの初戦に臨む深夜のサッカーW杯もさかなにしながら「夏もキックオフ!」と盛り上がった。【沢田均】

【関連ニュース】
雑記帳:「ブライダルトレイン」豊橋を走る 愛知

配偶者控除、廃止先送りも=子ども手当据え置きなら―玄葉担当相(時事通信)
三原じゅん子破局「自民党と結婚した」(スポーツ報知)
水田に重なる海の絶景 秋田県にかほ市・象潟「九十九島」(産経新聞)
口蹄疫拡大 封じ込め失敗、落胆深く 農水省(産経新聞)
JR北新地駅トイレ、不審火4件目 大阪・梅田(産経新聞)

樽床氏、岡部まり事務所開きを応援(スポーツ報知)

 民主党から参院選大阪選挙区に立候補するタレント・岡部まり(50)の事務所開きが6日、大阪市内で行われ、4日の同党代表選で菅直人氏(63)に敗れた樽床伸二・衆院環境委員長(50)が選対本部長としてあいさつした。

 同党関係者から「大阪で一番、総理に近い男」と紹介され登場した“時の人”樽床氏。まずは「代表になり損ねましたが…」と笑いを誘ったが、すぐに表情を引き締め「気分一新、岡部さんを大阪の立役者にしたい。ピンチをチャンスに変え、新しい流れをつくり出していきたい」と声を大にした。

 援軍を得た岡部は「激流の中、大阪が元気になって、難破しそうな日本を救っていきたい。この日が船出です」と決意表明。「政局の変化には、まったく揺れておりません。私の覚悟、決意をお一人お一人に街の中で訴えていきたい」と誓った。

 また、岡部とABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」で共演していたタレント・立原啓裕(56)も応援に駆けつけた。

 【関連記事】
橋下大阪府知事、樽床衆院議員と同席も発言に距離感
樽床氏「ゆっくり眠れた」
民主党代表選に樽床氏と菅氏が届け出
樽床氏が代表選出馬、七奉行の1人も無名の存在が新首相に名乗り
民主党 大阪選挙区 岡部まり を調べる

21世紀の日本の脅威は中国 櫻井よしこさん(産経新聞)
新首相動静(6月8日)(時事通信)
暴力団関係者と勘違いして殺害か 群馬の会社経営者絞殺(産経新聞)
「生活再建まっしぐら」=社民キャッチフレーズ(時事通信)
<鳩山首相>辞任に伴う記者会見開かず(毎日新聞)

<鳩山首相辞任>名護市長が失望感(毎日新聞)

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は2日午前、札幌市内で報道陣に「鳩山首相は選挙期間中から『国外、最低でも県外』と(沖縄)県民に期待を持たせながら、失望のどん底に突き落とした。辞任したからそれでいい、とはならない」と鳩山首相を手厳しく批判した。そのうえで「『言葉の軽さ』で片付けられても受け入れられない。政権交代で基地問題に関する沖縄の立場が変わると思ったが、ブーメランのように戻ってきた。政権交代って何だったのだろうか、と思う」と失望感をあらわにした。【木村光則】

【関連ニュース】
鳩山首相辞任:迷走の果て…支持率急落、投げ出す結果に
鳩山首相辞任:「幹事長も辞職を」…小沢氏「わかった」
鳩山首相辞任:自民、参院選影響見極め
鳩山首相辞任:4日に新代表選出 国会延長せず
鳩山首相辞任:「誰が首相でも合意履行を」普天間で米高官

<位置ゲー>コレクター心理刺激 ハマるGPS携帯ゲーム(毎日新聞)
延期の首相会見、午後7時の見通し…方針決定後(読売新聞)
課徴金、過去最高の360億円=09年度の独禁法違反処理―公取委(時事通信)
需要不足、なお年25兆円=デフレ環境続く―1〜3月期(時事通信)
検察審への電話、辻氏に自公が公開質問状送付へ(読売新聞)

<スペースシャトル>「アトランティス」帰還(毎日新聞)

 米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル「アトランティス」(ケネス・ハム船長ら6人搭乗)は26日午後9時48分(米東部時間同日午前8時48分)、フロリダ州のケネディ宇宙センターに帰還した。アトランティスは15日、野口聡一宇宙飛行士(45)らが滞在中の国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられた。シャトル退役後、ロシアのソユーズ宇宙船やプログレス無人補給機のドッキングポートとして使われる小型研究モジュールなどを運んだ。計画では、シャトルの打ち上げは残り2回。9月に「ディスカバリー」、11月に「エンデバー」が宇宙へ行く。

【関連ニュース】
スペースシャトル:行方不明の植物の種子 依然発見できず
宇宙の種:地球帰還後に所在不明 日本の会社が依頼
スペースシャトル:アトランティス打ち上げ成功 最終飛行
山崎宇宙飛行士:無事帰還「重力の強さ感じる」
山崎宇宙飛行士:地球に帰還 15日間の任務終え

小沢氏を再び不起訴処分 東京地検特捜部(産経新聞)
アユ漁 解禁…1500人が清流に糸 静岡・興津川(毎日新聞)
皇太子さま、スウェーデンへ ビクトリア王女の結婚式にご参列(産経新聞)
急性期・回復期の脳卒中診療医の約6割が地域連携「進んだ」(医療介護CBニュース)
日米合意に「辺野古」なら福島氏、閣議で署名せず(読売新聞)

<口蹄疫>感染拡大防止に国道に消毒マット 宮崎(毎日新聞)

 宮崎県で感染拡大が続く家畜伝染病の口蹄疫は、1例目が確認された都農町から川南、高鍋両町、そして18日、初めて新富町へと拡大し、日向灘沿いを縦走する国道10号にほぼ沿って南下するように感染地域は拡大している。

 県は、新富町で初の感染疑いが確認された農家を基点にして新たに移動・搬出制限区域(半径10キロ・20キロ)を設定した。また、国道10号に消毒マットを敷き、新たに一般車を含む全通行車両の消毒を17日から実施している。【石田宗久】

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎県延岡市で予定の陸上全国大会が中止に
口蹄疫:大分、鹿児島両県で種牛などの移動を検討
口蹄疫:消毒薬製造 製薬会社は対応に追われる
口蹄疫:家畜損失補償、特別交付税で 原口総務相
口蹄疫:東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言

米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
【ダッファーのつぶやき】論説委員・鹿間孝一 ゴルフは人間性が試される(産経新聞)
郵政法案、18日審議入り=自民は反発(時事通信)
今年度の業績、「大幅な減収・減益を予想」―田辺三菱(医療介護CBニュース)
<雑記帳>通天閣ロボ、上海万博に「出張」させて…大阪(毎日新聞)

<ドリームジャンボ>発売 名古屋駅前には100人が列(毎日新聞)

 1等と前後賞合わせて3億円が当たるドリームジャンボ宝くじの発売が12日、全国で始まった。当選本数は27ユニットの場合、1等(2億円)が27本、前後賞(各5000万円)が54本、2等(1億円)が81本など。発売期間は6月4日まで。抽選日は同15日。

 名古屋市中村区の名駅前チャンスセンターでは、午前9時の開店前に約100人が列を作った。午前10時ごろに100枚を買ったという愛知県半田市の自営業の女性(64)は「発売日に行ったら当たるかもしれないとひらめいて来ました。当たったら商売をやめて土地と家を買いたい」と期待に胸をふくらませていた。【岡村恵子】

【関連ニュース】
<関連記事>ドリームジャンボ:発売始まる 銀座では300人が列
<関連記事>ドリームジャンボ宝くじ:「笑顔にしたい」 幸運の女神がPR /大阪
<関連記事>香取慎吾:キャラ就任中は「ロト」買い続ける

ドリームジャンボ 発売始まる 銀座では300人が列(毎日新聞)
故鳩山一郎元首相の墓石に黄色い塗料 東京・谷中霊園(産経新聞)
マグロ競り見学再開=築地市場で外国人観光客ら−東京(時事通信)
【チャイム】もうすぐ見納め「日本一過密な単線踏切」(産経新聞)
<強盗>カレー店に男3人侵入 130万円奪う…前橋(毎日新聞)

検察、弁護側同意なしの証拠を誤って朗読(読売新聞)

 昨年7月、日本医科大付属病院で入院中の長男(当時40歳)が母親(67)に刺殺された事件を巡り、19日に東京地裁で開かれた裁判員裁判の証拠説明で、検察側が被害者の妻の供述調書を朗読した際、弁護側が同意していない部分を誤って読むミスがあった。

 弁護側の指摘を受け、山口裕之裁判長が該当部分を証拠から排除した。東京地検は「起訴事実にかかわる証拠ではなく、公判に大きな影響を与えるものではないが、誠に遺憾で再発防止に努めたい」としている。

 誤って朗読されたのは、妻の供述調書のうち、殺害された夫の借金に触れた部分。山口裁判長は法廷で、裁判員に対し、「被害者の借金部分は頭の中から外すようにしてください」と述べた。

<雑記帳>再活用目指して「廃校全国サミット」 秋田(毎日新聞)
政府目標、達成厳しい=次世代車普及で−自工会会長(時事通信)
ビアガーデンがオープン 地産地消メニューも 栃木(産経新聞)
「舛添新党」、午後旗揚げ=政界再編目指す(時事通信)
患者・家族への支援活動を顕彰−脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」(医療介護CBニュース)

<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)

 北九州市小倉南区合馬の「合馬観光たけのこ園」でタケノコの収穫がピークを迎え、タケノコ掘りを楽しむ観光客の姿が見られる。

 赤土に生える合馬のタケノコは柔らかくてアクが少なく、豊かな風味が特徴。同園によると、昨年は台風に見舞われることなく適度な雨量があったため、今年は大豊作という。

 北九州市八幡西区から来た安川洋斗君(11)は、地面から突き出たタケノコを見つけては、父洋行さん(38)と一緒に掘り出してうれしそうな表情。「掘るのは楽しいし、タケノコご飯もとてもおいしい」と話していた。

 開園時間は午前9時から午後4時。入園料は大人300円、小学生以下150円。掘ったタケノコは買い上げ制。5月5日まで。【加古信志】

【関連ニュース】
タケノコと草餅の会:春の味覚、200人舌鼓−−名張 /三重
タケノコ狩り:親子連れら歓声 浜松で最盛期 /静岡
後場市:県産タケノコ初 金沢で競り /石川
タケノコ掘り:親子連れら250人参加−−和歌山・四季の郷公園 /和歌山
タケノコ:中津川で出荷始まる /岐阜

<トキ襲撃>犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡(毎日新聞)
<仙谷担当相>衆参同日選の可能性言及 鳩山首相退陣の場合(毎日新聞)
「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕(産経新聞)
平松市長「大阪都は時代錯誤。橋下知事は敵いないと燃えぬ」(産経新聞)
AED作動せず搬送患者が死亡 不具合気付かず(産経新聞)

<キトラ古墳>壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)

 文化庁は15日、奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末〜8世紀初め)の壁画を複製した陶板を公開した。玄武や白虎など四神像を、表面の凹凸も含めて実物大で再現している。壁画は保存のため、08年までに石室内からはぎ取られており、陶板で石室内の様子を知ることができる。16日から同村奥山の奈良文化財研究所飛鳥資料館で始まる春季特別展示「キトラ古墳壁画四神」で展示する。

 実際の石室(高さ約1.1メートル、幅約1メートル、奥行き約2.4メートル)に合わせ、東西南北と天井、床の計6面の陶板を製作。はぎ取り前にデジタルカメラで撮影した画像データなどを焼き付け、色などを精巧に再現した。製作費は約5000万円。

特別展示は6月13日まで。

【関連ニュース】
西大寺:唐人官僚名ある墨書土器初出土 奈良
高松塚古墳:飛鳥美人など一般公開 文化庁、希望者募集
平城宮跡:第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす
天皇、皇后両陛下:長岡宮跡を視察
高松塚古墳:保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告

<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
中国青海省の地震、邦人被害の情報なし=平野官房長官(時事通信)
日医会長、自民参院候補の推薦取り消し提案へ(産経新聞)
首相動静(4月18日)(時事通信)
政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(1)(産経新聞)

 □ブルーベリーフィールズ紀伊國屋社長 岩田康子さん

 ■需要見込んで新規就農 でも、一番大切なのは子育てです。

 琵琶湖を見下ろす山の一面に広がるブルーベリー畑は、6月から8月に多くの実をつける。国産のブルーベリーがまだ希少だった27年前、2児を連れ、この地で栽培を始めた岩田康子さん(62)。今では生のブルーベリーやジャムをホテルや百貨店に出荷する傍ら、レストランとパン工房を経営し、年商2億円のビジネスに育て上げた。新しい農業のスタイルを確立するまでの道のりを聞いた。(聞き手 石川有紀 

 −−なぜ、ブルーベリーだったのですか

 岩田 農業を始めようとした27年前は、減反政策が進められていたときでした。お米はもちろん、普通の野菜を作っても新規就農では食べていけないだろうと。だれもやっていなくて、かつニーズがあるものをと考えたときに、かつてフランス料理やお菓子を習っていたときのことを思いだしたんです。生のブルーベリーが手に入らず、米国産の水煮缶を使ったんですけど、甘くも酸っぱくもないの。そのとき先生が、いかに生のブルーベリーだったらおいしいかを熱く語ってくれたのが心に残っていて…。見たことも聞いたこともないあこがれの果実でしたね。生が希少でしたから、需要があるだろうと思いました。

 −−えっ、たったそれだけの理由で…。それにしてもフレンチを習っていたなんて、すごいですね

 岩田 私、23歳で京都の着物の織元に嫁いだんです。敷地は3万5千坪、お茶室もあって四季の美しいお庭でした。そんな暮らしでしたから、ホテルの料理教室でシェフに習っていました。

 −−そんな優雅な生活からどうして大津の山の上へ移ることになったのですか

 岩田 事情があって35歳で離婚しました。周囲は子連れでの離婚に猛反対でしたが、私は大きな家に嫁ぎたかったわけではなくて、夫の元に嫁いだのですから。家に留まる理由がなくなってしまい、出ていくことを決めました。

 −−そうでしたか。でも、どうして経験のない農業を始めようと?

 岩田 事情を知った出入りの造園業の人が、それとなく教えてくれたんです。「大津に売り出される農地があるらしい」って。それで離婚届に判を押してすぐ、2人の子供をつれて山へ行きました。

 −−突然生活が変わって子供たちも大変でしたね

 岩田 長男が10歳、長女が8歳でした。大好きなお父さんと、なぜ別々に暮らすのかわからなかったでしょうね。でも、京都の生活では、おけいこの先生を家で待たせているのに、子供たちはわざと道草してノイチゴをとってきたり、何となく、大人が押しつけることを子供が受け取っていないと。もっと大切なことがあると感じていました。

 −−子育てが一番重要だった

 岩田 私はブルーベリー栽培で生きていくと決めましたが、子供を一人前の大人に育てなければ、いくら事業で成功してもだめだと覚悟していました。これは、元主人との約束でもありました。

                   ◇

【プロフィル】岩田康子

 いわた・やすこ 昭和23年、京都市生まれ、62歳。ブルーベリーフィールズ紀伊國屋社長。大津市を拠点にブルーベリー栽培とジャム販売、レストランなどを経営。同市の成安造形大学内にカフェテリア「結(ゆい)紀伊國屋」、滋賀県高島市に観光農園「ソラノネ紀伊國屋」もオープンし、食の大切さを伝える取り組みも行っている。今年2月には関西財界セミナーで「輝く女性賞」を受賞した。

修復終え黒漆塗りも鮮やか 銀閣寺お披露目(産経新聞)
<シャトル>「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)
<新党>参加者広がらず苦悩の船出 「たちあがれ日本」結成(毎日新聞)
<チリ大地震>支援空振りで1800万円損失(毎日新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
審査 甘い キャッシング
携帯ホームページ
主婦 融資
債務整理無料相談
ネットビジネス
現金化口コミ
selected entries
archives
recent comment
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    AtoZ (08/30)
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    みっくみく (08/26)
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    志波康之 (01/16)
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    タンやオ (12/30)
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    こういち (12/25)
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    ヘッド (12/07)
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/24)
  • <雑記帳>「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
    しゅうじん (11/21)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM